ご自宅にて1日葬を行いました。

住み慣れたご自宅にて御家族が集まり1日葬を行いました。

故人の意向で決して派手ではなく、お見送りをして欲しいと希望を伺いお寺様をお迎えし

ご葬儀を行いました。

大きな斎場を借りる事なく最後までゆっくりとお自宅で過ごして頂きお見送りさせて頂きました。

葬儀に決まった形は無く、ご本人が望む思いまた遺族の方が望む思いををできる限り形に変える

事が葬儀社の務めと考えています。

西寺尾火葬場にて火葬式を行いました

ご家族のみで火葬式を行いました。

病院にお迎えに伺いご自宅へ御安置、

火葬日まで自宅で付き添いたいと希望があった為毎日ドライアイスの処置で自宅に伺いました。

また、火葬場も西寺尾火葬場を希望されていたのですぐに空き状況を確認しご家族皆様の希望を伺い予約させて頂きました。

ご出棺前にお棺にお納めし、愛用品、お花を入れて差し上げました。

神奈川全域で家族葬を心を込めてお手伝いさせて頂きますので、ご質問等がございましたら一度ご相談ください。

横浜市南部斎場で家族葬を行いました。

横浜市南部斎場にて家族、親戚約40名での家族葬を行いました。

ご本人が紫とグリーンが好きだったとの事で祭壇のお花を紫に統一し、祭壇の後ろの幕も紫を使用させて頂きました。

また、祭壇横にだす供花も出さずにシンプルにしたいと希望があり供花も無しでお飾りしました。

お棺は、グリーンのお棺を使用し好きな色で最後は送り出してあげたいというご家族の希望に沿った形でご葬儀

のお手伝いをさせて頂きました。

ご家族皆さまから、大変満足しましたとお言葉を頂きご家族主体のご葬儀の提供ができたかなと私自身も

心が温まりました。

ご葬儀後は、遺骨ペンダントも作成したいとの事で色合いを確かめて頂きました。

 

戸塚斎場で火葬式を行いました。

ご家族だけでお見送りをしたいと希望があり、また自宅に帰る事ができないとの事で

当社でお預かりをし、当日に火葬場で待ち合わせをし荼毘という流れでご葬儀をお手伝いしました。

家族葬を専門で扱う当社では、できる限りご家族のご要望を伺い葬儀社主体ではなくご家族主体のご葬儀を

心がけています。

また事前のご相談も多数ご相談頂いております。

わからないを知るだけでいざという時の心配、心の負担を少しでも軽減できればご家族のとって

の本当の良いサービスに繋がるのではと考えています。

横浜市戸塚斎場にて火葬式を行いました。

家族3名でご自宅からお見送りをしたいとの事でご連絡を頂きました。

火葬日まで自宅にいても体は平気ですか?

自宅に安置をすると費用があがります?

と質問を頂きました。

当社では毎日担当者がドライアイスの処置で伺いお体のチェックをさせて頂きます。

ご本人にとっても自宅に帰してあげる事が一番と考えますし、よりそうご家族が望む形をできる

かぎり実現させてあげる事が葬儀社としての役目であると考えるからです。

また、費用に関してもご自宅にご安置をしても上乗せする事は当社ではありません、ただ葬儀社によっては

ご自宅の場合訪問費等を別途で請求する場合もあるので注意が必要です。

 

茅ヶ崎市斎場にてご家族のみの火葬式を行いました

家族のみで費用を抑えて葬儀をしたいと連絡を頂き、火葬式を行いました。

故人様が寒川町民との事で茅ヶ崎斎場は茅ヶ崎市民、寒川町民は市民扱いとなり火葬料金も無料の為茅ヶ崎斎場を提案させて頂き当日には思い出の写真をお棺にお納め頂きました。

家族10名で1日葬を行いました。

ご家族10名で1日葬を行いました。

ご安置から葬儀まで場所を移動したくないとの事で当社提携斎場にご安置し、そのまま

葬儀を行いました。

ご家族のご要望をくみとり良い提案ができるように心がけています。

また葬儀社によってはご安置場所を一方的に決めて知らぬ間に連れていかれたなどの

話も聞きます、事前の相談によってそういった不安も解消できる一つになります。

戸塚斎場にて葬儀を行いました。

親族10名での葬儀を行いました。

菩提寺のお寺様をお招きし家族葬をおこないました。

家族のみなので移動がない場所を希望されていたので戸塚斎場を提案させて頂き

旅の支度、死に化粧を行いました。

火葬場では精進落しの食事を召し上がって頂き故人を偲んで頂きました。

横浜市久保山斎場にて火葬式を行いました。

ご家族約10名で火葬式を行いました。

火葬日までお預かりでしたが、死に化粧を行い最後は安らかに眠ったようなお顔でお見送りする事ができました。

また、お寺様のお経を希望されていたので当社で希望宗派のお寺様をお手配させて頂き火葬炉前で読経頂きました

最後はご自宅まで伺い四十九日までご使用いただく祭壇を設営させていただきました。

自宅には、お帰りと書かれた手紙と共にご本人の使用していた靴と杖が置かれていました。

大規模な葬儀、小規模な葬儀に関係なく何十年と歩んできた一人の人生の最後をお手伝いさせて頂く事の

重みを感じさせて頂きました。

大変お褒めの言葉を頂きましたがさらにより良い満足をして頂けるよう心がけ今後も他に無い葬儀というサービス

の質の向上に努力していきたいと思います。